公務員を目指すなら、専門学校は通学と通信どちらを選ぶか

専門学校の種類や選び方について紹介します

公務員試験の勉強方法

公務員試験対策の勉強法には、大きく分けて3つの方法があります。1つ目は、専門学校に通学すること。2つ目は、専門学校の通信講座を受けること。3つ目は、独学で勉強することです。

独学で勉強できるのならば、わざわざお金を払ってまで専門学校を頼る必要はないのでは、と考える人もいるかと思いますが、独学で勉強をするには、テキストの選定から合格までの勉強のスケジューリングまで、全てを自分でこなさなければいけません。そのため、何がなんでも公務員になるという強い意思がないと勉強が続かないでしょう。

また、面接対策は実際に指導をしてくれる人がいれば、自分で普段は気付くことがなかった点も指摘してもらえ、繰り返し練習をすることで、本番で緊張することも少なくなります。

更に試験の傾向や最新の情報を入手しようと思うと、独学の場合はインターネットなどで自ら情報を探し出し、精査するしか方法がありませんが、専門学校であればそれまでに培ってきたノウハウがあるため、効率良く情報を収集し、必要なものを与えてもらえます。

専門学校はお金がかかるという点がありますが、できるだけ早く、確実に試験に合格したいという人は、時間を無駄にしないためにも専門学校という選択肢を選ぶことをお勧めします。

 

 

通学制と通信制

公務員を目指して専門学校に入校を考える場合、通学と通信の2つの方法があります。

通学の場合、授業があらかじめ決まった時間に入っているため、勉強のスケジュールを管理しやすく、教室へ行けば必要な知識を学ぶ事が可能です。周囲も自分と同じように公務員を目指している、いわばライバルばかりなので、より勉強に力を入れやすく集中しやすい環境でもあります。
直接授業を受けられるため、疑問点があればその場で質問することも可能です。

また、二次試験対策の講義や模擬面接、エントリーシートの書き方などの細かな指導を受けられることも大きなメリットです。デメリットとして、社会人の人は通学時間を取るのが難しい点と、費用が高額になる点が挙げられます。

通信ではテキストでの勉強の他にDVDやWEBを利用して講義を受けられるものがあり、その方法は多岐に亘ります。メリットは、ある程度自分の時間に合わせて勉強できる点、費用が通学よりも抑えられるという点が挙げられますが、デメリットとして、勉強する意思が強くなければ続かない点、リアルタイムで質問ができない点などが挙げられます。

その他に、社会人向けに通学で受講できる夜間講座や土日の集中講座もあるのでそれらを利用してみるのも方法の1つです。金銭面やライフスタイルによって継続して勉強しやすい方を選ぶのがポイントです。

公務員試験と専門学校

毎年受験者が多く、厳しい競争率を誇る公務員試験。公務員試験に合格するための勉強を始めたいけれども、一体どうやって取り掛かったらいいのかわからないという人もいるかと思います。公務員を目指す際の勉強方法と、それぞれの勉強法のメリット・デメリットについて紹介します。

公務員を目指す人の中には、学生だけでなく、フリーターやアルバイトの人、また、一般企業に勤めながら勉強をしている人など、様々な職業やライフスタイルを送っている人がいます。そのため、勉強にかけることができる時間も、自分に合う勉強方法も様々です。

多くの勉強が必要というイメージのある公務員試験ですが、合格するためには、効率よく、集中して勉強をするということが大切です。そのため自分のモチベーションを保て、継続して勉強できる環境を整える事が必要になります。

試験内容も近年の傾向や、各自治体による傾向、前年度からの変更点などその時々によっての変化があるため、より詳しく確実な情報を得る事も重要になってくるでしょう。また、最近では、受験者の人となりを重視する傾向が強くなっているため、一次の筆記試験を合格しても二次試験以降の面接がなかなかクリアできないという人もいます。それらの対策も考慮しなければなりません。

公務員試験対策を行っている専門学校では、試験合格のために必要なカリキュラムが組まれ、効率的に勉強することができます。当サイトでは、専門学校の種類や選び方についても紹介していますので参考にしてみてください。